職場を家にできる併用住宅が人気|出勤する必要が無くなる

通勤から考える住宅選び

住宅

大阪府にある岸和田市は、だんじり祭りで知られていますが、その一方で大阪市のベッドタウンとしても知られています。大阪市まで通勤や通学をする場合はおよそ30分から1時間以内に行けることから人気がある場所です。わざわざ大阪市ではなく岸和田市に一戸建て住宅を購入しようと思う人も少なくありません。会社から少し離れていても、岸和田市に一戸建て住宅を購入する意図は土地が安いからではないでしょうか。大阪市の土地の値段と比べると3分の1程度で購入することができます。しかも駅のすぐ前でなければ、ある程度広い土地を購入することができるため、車を2台置くことができたり、庭に芝生を張ることもでき満足できる住宅を手に入れることもできます。岸和田市の一戸建て住宅選びにはこのような魅力あるのです。

岸和田市は北西の方向にJR阪和線と南海本線があります。どちらも大阪の中心地まで行くことで、沿線の近くは非常に人気があります。駅のそばに家を購入するという方法もありますが、どちらの沿線に住宅を購入するかというのも意外と大事なポイントです。なぜならJR阪和線と南海本線はどちらも行き先が微妙に違うからです。難波まで行くのであればどちらも変わりませんが、そこから先の大阪駅や新大阪駅の方に行くにはJR阪和線の方が有利です。そのように考えると、難波に行く場合であればどちらの沿線の近くに一戸建て住宅を買っても変わりませんが、大阪駅の方まで行くのであればJR阪和線の近くに住一戸建て住宅を購入するのがよいでしょう。