職場を家にできる併用住宅が人気|出勤する必要が無くなる

住宅

通勤から考える住宅選び

岸和田市で一戸建て住宅を建てるならば、割と駅から近い所であっても広い土地を手に入れることも可能になります。徒歩10分程度の場所であれば庭付き一戸建ても夢ではありません。鉄道も南海本線とJR阪和線がありますので、利用しやすい方の沿線に住宅を買うべきです。

住宅模型

建売り住宅のメリット

大阪では分譲住宅が人気を集めていますが、その理由は色々とあります。まず完成物件にすぐ住めるために、手間や時間がかからないメリットがあります。住宅ローンもすぐに借りることができますし、価格もかなり安く設定されています。

個人の得する住まい

インテリア

空間づくり

併用住宅は賃貸や店舗として、生活空間を併用する暮らし方ですが、家族間での併用住宅も注目されています。一例には、カフェなどの飲食店、お料理教室の開講など、今では主婦も趣味から利益を生み出しています。二世帯住宅としての暮らしとは異なり、併用住宅では主婦の特技を活かした店舗併設住宅が人気をよんでいます。生活空間を完全に分けて二世帯が独立して暮らす住宅・独立しながらも共用できる部分を設ける住宅などがプランニングされています。中でも建主から人気なのは玄関や階段のプランニングで、単なる移動空間としないアクセントになります。一例には、螺旋階段・回り階段・踊場つき両返し階段などがあります。賃貸や店舗とした考えでは、網目状の階段にした地下空間などは、グレーチングから光を採り入れ、明るさと通気性を確保させるなどの暮らしに反映させています。

土地の活用法

併用住宅は主に、戸建て住宅の一部に賃貸住宅を設けた建物として、将来、多彩に活用したい建主が建てたい住まいに選んでいます。居住空間や基本性能などのグレードもしっかりキープでき、敷地の価値を活かし、家賃収入までが得られます。賃貸住戸や店舗併設住宅の収益は、不動産購入時のローン負担、さらには敷地を活かすことで老後生活の安心へと結び付きます。併用住宅の基本プランは大まかに4プランで、連棟・外階段・内階段・共用タイプです。特に連棟は広い敷地が必要ですが、融資や税金対策が講じれる面はメリットです。とはいえ、プランニングでは土地に限りがある点と、賃貸や店舗併設では互いの生活空間を尊重する点は大前提です。生活リズムの変化もあり、行き来に内部通路を設けるケースは入居者とのコミュニケーションを図る目的で、プライバシーを含めて意外性があるものの、設けるケースは増えています。

部屋

市内はおすすめの立地

京都の中心部では注文住宅も多くなってきていますが、リーズナブルに建築ができる中心部以外の場所を選ぶことも良いでしょう。注文住宅なら省エネ効果の高い住宅も、デザインにこだわった木造住宅も好きなように作ることができます。